ようこそ ゲスト 様


 

ボリビア ピコ・デル・トゥカン農園

南米中央部に位置するボリビア。世界で一番高いところにある首都ラパス(標高3600m)は、富士山の山頂ほどの高地に人口100万人の都市があります。

コーヒー栽培はアンデス山脈の東側と熱帯雨林に挟まれた標高1000~2000mのエリアで行われており、カラナビ(Caranavi)やコロイコ(Coloico)などが主要コーヒー生産地になります。

2004~2009年に5回のCup Of Excellenceが開催され、2009年には7つのロットが90点を超える点数を取るなど、ボリビアのスペシャルティコーヒーの品質の高さは世界中のバイヤーを魅了しました。

ピコ・デル・トゥカン農園は、その農園名にあるように、5~6種類のトゥッカーノ(オオハシ)が生息しており、標高1500mの農園には、シェードツリーとなるインガの木が茂っています。

コパカバーナ農園のオーナーであるアスカルンス家が所有している精製工場にてプロセシング。

アスカルンス家は1650年代にスペイン北部のガリシア地方からボリビアへ移住し、現在のオーナーであるマリアの父ハイメが50年前に、ユンガス地方南部のチュルマニ県に最初の農園を購入しコーヒービジネスをスタート。

ところが、近隣の生産者がコカインの栽培を始めたため、物騒な地域となってしまい、仕方なくその農園を売却。ユンガス地方南部のカラナビ郡ディエス地方の農園を新規に購入し、現在に至っています。

ボリビア ピコ・デル・トゥカン農園


ボリビア ピコ・デル・トゥカン農園

原産国 ボリビア
生産地域 ラパス県カラナビ郡ディエス
生産者(農園) ピコ・デル・トゥカン農園
商品コード 014-05
クロップ

クロップ一覧にてご確認頂けます。
Adobe Reader(無料)をダウンロードして下さい。

規格 スペシャル・プレパレーション
スクリーン スクリーン17UP
品種 ティピカ
精製方法 フルウォッシュド
乾燥方法 100%天日乾燥
認証 バイオ・ラティーナ有機認証
標高 1300~1500m
収穫時期 5月~9月
順位・スコア
カップコメント アーモンドチョコ風味、後味まで続くキャラメルのような上品で質のよい甘み、巨峰の果実味
おすすめ焙煎度 ハイ=シティー  浅煎り← □□■■□ →深煎り
味覚レベル

甘み  ★★★★☆

酸味  ★★★☆☆

苦味  ★★★☆☆

コク  ★★★☆☆

その他 2017-2018クロップ

※ご購入前には必ず【ご利用規約】をご確認下さい。

 



お進めイベント・限定アイテム

7月の期間限定セール第1弾7月1日~7月15日

今月のおすすめコーヒー【15%OFF】(7月31日まで)

今月の目玉商品「グァテマラ SHB【お買い得】」(7月19日まで)

期間限定 アイスコーヒー豆お買得セール 9月30日まで)

リキッドコーヒー発売中

水出しアイスコーヒー特集

パナマ エスメラルダ ゲイシャ1500<2019>

【新商品】ハイチ モンラセル

 エチオピア グジ ゲレザ ゲイシャ G-3 ナチュラル

エクアドル ビルカバンバ

カスカラティ

フローレスアラビカ コモド ドラゴン

【新商品】コスタリカ エルサル ロス・アノノス農園

【新商品】エルサルバドル ロスアンデス クンプレ農園

Loading...
▲トップへ戻る