ようこそ ゲスト 様


エチオピア アイェル 【Ethiopia Cup Of Excellence 2022】

エチオピアはアラビカ種のコーヒーの原産地です。

主にヨーロッパ人によって栽培が広められた中南米やアジア、アフリカのコーヒー生産国とはちがい、この国のコーヒーの歴史は森の中に自生する野生のコーヒーの木に始まり、日本の茶道のような「コーヒーセレモニー」という特有の文化が根付き、エチオピアコーヒーがもつ独特の風味は世界のコーヒー愛飲家を魅了しつづけてきました。

2020年にそのエチオピアで初めてカップ・オブ・エクセレンスが開催され、大成功を収めています。
 
「エチオピア アイェル」の生産者であるAyel氏は(2022年現在)65歳で、7人の子どもたちがいます。

シダモ州のベンサ地域、シェンタワネ・カベレ地区というところに約3ヘクタールの農地を所有しています。

74158 という品種を栽培し、今回アナエロビックプロセスのコーヒーに仕上げ、入賞を果たしました。


74158 栽培品種

エチオピアのJimma Zone(ジマゾーン)にあるJARK(Jimma Agricultural Research Center)で種子選別されたCBD(コーヒーベリーボーラーディジーズ)に耐性を持った品種のひとつです。

多品種を掛け合わせるのではなく、特定の栽培グループから選抜を繰り返して耐性を強化したものです。

こうしたCBD耐性品種は近年、COEの入賞ロットにも含まれています。




エチオピア アイェル 【Ethiopia Cup Of Excellence 2022】


エチオピア アイェル 【Ethiopia Cup Of Excellence 2022】


エチオピア アイェル 【Ethiopia Cup Of Excellence 2022】

原産国 エチオピア
生産地域 Shentawane Kebele,Bensa Woreda in Sidama region(シダモ州 ベンサ シェンタワネ・カベレ村)
生産者(農園) Ayel Naramo Shalamo(アイェル・ナラモ・シャラモ)
商品コード 051-24
クロップ

クロップ一覧にてご確認頂けます。
Adobe Reader(無料)をダウンロードして下さい。

規格
スクリーン
品種 74158
精製方法 Anaerobic(アナエロビック)
乾燥方法
認証
標高
収穫時期
順位・スコア 26位 / 87.81点
カップコメント OVER ALL OverallSweet,SweetAromatics,BurntSugar, Cocoa,Creme,Pecans AROMA/FLAVOR BlackTea, BrownSugar,Cherry, Floral, Juicy, MandarinOrange,RedApple,Berry,CitrusFruit, DarkChocolate,Grape,GreenApple,Lemon,Lychee,Mango, Melon, Orange,Peach,RedCurrant, RoastedAlmond, WhiteGrape ACIDITY CitricAcid, Balanced, Bright, Citrus, Crisp, MalicAcid, Orange
おすすめ焙煎度 ハイ=シティー  浅煎り← □□■■□ →深煎り
味覚レベル

甘み  ★★★★☆

酸味  ★★★☆☆

苦味  ★★☆☆☆

コク  ★★★☆☆

その他

※ご購入前には必ず【ご利用規約】をご確認下さい。

お進めイベント・限定アイテム

6月の期間限定セール第1弾 6月1日~6月15日

今月のおすすめコーヒー【15%OFF】(5月31日まで)

売り切りSALE

アイスコーヒー豆 夏季特別SALE

夏期限定販売 ! アイスリキッドドリンク

水出しアイスコーヒー特集

今月の目玉商品「コロンビア   スプレモ【お買い得】」(2024年7月19日まで)

パナマ ダイヤモンド マウンテン ナチュラル

ベトナム アラビカ スペシャルグレード SC-18

エチオピア ベンチマジ カルマチェ ゲイシャ G-3ナチュラル

マラウイ ミスク農協 チプヤWS

パナマ エスメラルダ ゲイシャ Private Collection Wash<2023>

ニカラグア リモンシリョ ブルボン ナチュラル

カスカラティー【限定販売】

Loading...